BLOOMING LIFE

アロマセラピスト室井友子の日々ブログ。生活・旅行・時々アロマ。日常のなかでふわりと花咲く瞬間を綴っています。

身体のオーラをぴかぴかに磨いて一日をスタート

良い香りに包まれて一日がスタートするのってなんだか素敵ですよね。

それが自分自身のお気に入りの香りで、なおかつ波長の合う感じがするのだったらすごく良い。

さらに言うと、「今」の自分にぴったりくる香りだと最高です。

 

私の日々の習慣として、朝起きて、出かける前に、

「今日はどの香りが良いかな~」

と、お気に入りのアロマたちをながめ、気になる一本をチョイス。

f:id:tomokorelight:20180829014252j:plain

 

どの精油も厳選している大好きなものばかりなのですが、その中でも「今」の自分に焦点を合わせてピックアップをします。

 

そして、一滴を手にとったら、味わうように香りをかいで、そのあと身体の周辺5~10センチくらいを、優しくなでていきます。

 

腕から、頭、首、全面のお腹まわり、腰回り、足全体へと…

(ちょっと背中はしんどいです)

 

シュッとスッキリする感じを味わえると思います。

身体のオーラがピカピカに磨かれた感じ。

 

私自身の体感としては、今の自分とフィットする香りをかぐと、身体の周辺まで広がる感じがあります。

それら身体周辺になでていくことで、が全身になじんでいく、浸透していく、そんな感じがします。

 

精油・アロマはエネルギー体にも作用します。

 

ぜひぜひ、ちょっぴり神聖な習慣を取り入れて一日をスタートしてみてください。

 

「さりげない」香り~自然からちょっと分けてもらう~

アロマトリートメントをしていて、ふわっと微かに香る植物の香り。

この「微かに」がとっても大切だな、と最近施術をしていて感じます。

 

自然の中を歩いていると、どこからともなく、ふいに訪れる自然界の香り。

 

ふわっと針葉樹の香りがしたり…

お花の微かな香りがしたり…

土の香りも…

 

この「さりげない」香りにどれだけ、感覚を広げれるか…

 

そして、この「さりげなさ」を十分にキャッチできたときに、本当の自然の力を受け取ることができるのでは、と感じています。

f:id:tomokorelight:20180829014252j:plain

 

アロマトリートメント、精油、という人間が生み出した知恵。

 

これを自然界からの賜物だというスタンスを忘れないためにも、この「さりげない」部分が良い感じのバランスになるんです。

 

かつての私がそうでしたが、アロマが大好きすぎて、沢山の香りが、しっかりと香っていて欲しい、というモードで使っていました。(大汗)

 

でも、今になって振り返ってみると、外界から多くの刺激を受ける、というのと何ら差異がないな、と思うのです。

 

自分の内側から何かを引き出す…

そんなサポートをしてくれる植物の力。

 

絶妙なバランスをさぐりながら、植物と歩み寄りながら、自分自身の探求をしていきたいなあと思います。

生命ということ

ここのところ「生命」について、何だかいつも考えています。

 

最近、重なる友人の死。

また著名人の訃報もよく耳にします。

 

こういう事がないと、振り返れないのって本当に辛いな、と思います。

 

「生きる」ってどういうことだろう?

 

それは社会的な評価では決してはかれない。

売れっ子や著名であること、社会的な地位とか、どんな仕事をしてるかは関係ない。

どれだけのものを持ってるかでは、決してはかれない。

お金・財産があってもなくても関係ない。

どれだけ素晴らしい経験や体験をしたか、も関係ない。

社会的に「良し」とされる道徳的な人であるかどうかも…関係ない。

健康であることも、美しくあることも、関係ない。

 

ぜんぶぜんぶ削ぎ落としても、残る。

 

自分だけの、何か、個性のような、そんな「生命」

 

それを見てみたいし、

そんな自分に出会いたいし、

そんな自分で生きてみたい、と思う。

 

こんな話しを聞いたことがあります。

 

個々の「生命」って、

じつは絶えず、ずっと、内側で、美しく灯っている松明のようにここにあって、

植物が芽吹いて花を咲かせて、実をつけるように、

鮭が生まれた故郷の河に帰るように、

じつは自然なこと。

 

って。

 

これを聞いた時に、なぜだか涙が止まりませんでした。

 

ちょうど、社会に合わせて「生きる」ということの違和感がMAXだった時でした。

 

この話は「より自然体に生きよう~」というナチュラル志向な話しではなくって。

「自分の心や直感に従って生きよう~」というスピっぽい話しではなくって。

 

たぶん自分だけが出逢うことのできる、

自分本来に「生命」として生き始めたときに見える世界を伝えているんだなあ…と…

 

(伝わるかな…??)

 

これを選びとるのはとても覚悟のいることで、

自分で舵を切るのはキツイ。

 

でも人にはいろんな展開があって、私も何度もそこへ向かうキッカケや出会いがありました。

そして今も続いています。

 

今回の、友人たちの死も、

私の中に一石を投じるひとつの大事な節目となった気がします。

 

どこから生きていくのかな?

自分の「生命」ってなんだろう?

「生きる」ってなんだろう??

 

まだまだ相当分かりませんが、

本来の自分の生命の輝きから生きる、その方向性だけは明らかです。

心残りだったケーキ屋で久々甘いものを食べてみる

シュガーフリー生活が自分の中ですっかりスタンダードとなりました。

甘みがほしいときも、ナッツを食べたりフルーツを食べたり、と砂糖をとる、ということがほぼ生活の中でなくなりました。

 

が…

 

ひとつだけ心残りがあったんです。

 

いつも通る道にある、賑わっているケーキ屋さん。

あそこで大好きなキャロットケーキを食べたかったな~、と…

 

「砂糖が身体に良くないといえど、やっぱり気になるなあ…」

 

これも一種の中毒症状なんでしょうかね??

ん、禁断症状なのかしら??

 

砂糖抜きの生活での、身体の感覚の良い感じは確信しているので、今なら食べにいってみても、きっと戻れるだろう。

 

と…

 

行ってしまいました。心残りだったケーキ屋へ。

f:id:tomokorelight:20180829000537j:plain

 

キャロットケーキとカプチーノを注文。

 

一口キャロットケーキを食べてみる。。。。

 

 

あっっっっっま!!!!

 

びっくりするほど、飛び上がるほど甘かった。

 

こういうのを今まで食べていたんだものね。

自分でもびっくりしました。

 

3口、4口…と食べていると、なんだか肩周りが痛い感じになってきました。

なぜだろう、関節にきますね。

砂糖ってそういう影響もあるのかしら??

 

といいながら、4分の3まで食ベすすめ、わずかに残しました。

 

「さようならキャロットケーキ…(涙)」

 

この苦い経験から当分甘い物を食べたいとは思わないでしょう。

良きショック療法になりました。

 

引き続きシュガーフリー生活ですね。

 

 

イギリスでも三河みりんをGET

イギリスで暮らしていても、やはり日本食を作り頻度は今まで通りですから、調味料の調達は必須です。

 

日本食の売っているスーパーに行けば、たいていどんなものも揃います。

 

ただ、そこには「質」の問題があります。


しかたないか…UKだもの。

と妥協したとて、なんだか料理が美味しくないんですよね。

 

醤油は、オーガニックスーパーで有機のよいものを見つけました。

料理酒については、砂糖の含まれてる安い料理酒しか置いていないので、白ワインで代用することにしました。

 

最後に残ったのが「味醂

 

近所の日本食スーパーでは、いわゆる「みりん風調味料」しか置いていなかったんです。

 

日本にいる頃は三河みりんを愛用していたので、どうしても手がのびなかったんですよね…

 

そこで、困った時のAmazonさん。

 

さすが!!!

 

ありました!!三河みりん!!

3本ほどまとめ買いして配送してもらいました。

 

f:id:tomokorelight:20180906005942j:plain

 

これで一安心してお料理に励むことができます。

 

ちなみに、ロンドンのジャパンセンターがリニューアルオープンされて、この三河みりんが置いているようになりました。

あと、ロンドンのオーガニックスーパーマケットWHOLE FOODSにも置いておりました。

ロンドンは、さすがに健康や食において意識が高いのでしょうね♪

床の水拭きに爽やかな一滴を

私のアロマトリートメントサロンでは週1くらいで床の水拭きをしています。

お客様にはクリーンな空間で寛いでいただきたいものですから^^

 

その時には、かならずバケツの中にアロマオイルを数滴たらします。

 

その時の気分にもよりますが、

ペパーミントで爽やかにしたり。

セイジで徹底的に浄化したり。

フランキンセンスで神殿化したり。

などなど演出しております。

f:id:tomokorelight:20180906012722j:plain

最近はセイジの頻度が高い。

 

 

雑巾で水拭きしている最中、ほのかに爽やかな香りが漂ってくれるから、ますます無心になって水拭きができるんです。

 

終わったあとの空間も、なんだかクリーンに透き通った感じがします。

f:id:tomokorelight:20180906012837j:plain

シャキーンという感じになります。

 

ぜひ自宅で水拭きをする機会があったら、ちょこっとの1滴で、気持ちのよいお掃除をしてみると良いかもです。

 

おすすめですよ。

 

遊び心が極まって自分でやったラテアートがホラーに

コーヒーのみに行きたいなあと思ったら土砂降りに。

どうしてもふわふわのミルクホイップがのってるカプチーノがのみたかったので、自分でつくってみることにしました。

 

調べたら実はとても簡単にできるのですね。

ミルクを温めてホイップするだけ。

f:id:tomokorelight:20180906013759j:plain

 

うんうん、なんとかそれっぽくなった。

 

ミルクのホイップが結構固めだったので…

 

「これは…もしかして…」

「あのカフェでよく可愛いく作ってくれる、クマとかができるかもしれない…」

 

小さなスプーンとかを駆使してやってみた。

 

う、う…ん。

なんとかクマっぽい形になったぞ!

f:id:tomokorelight:20180906013846j:plain

 

これに顔とか書いてみたら…

 

家にココアはなかったのですが、ホットチョコレートの粉末があったので、代用。

爪楊枝とかで書いてみたらいけるか。。。。

 

f:id:tomokorelight:20180906013958j:plain

 

チーン。

終了です。

 

ホラーです。

 

 

美味しくいただきました。

シュガーフリー生活2週間経過。現在の体感は…

シュガーフリー生活を始めて2週間。思ったよりもしんどくなく、ラクに2週間すごすことができました。

 

ここで私自身の体感を書き残しておこうと思います。

 

・すごく快便になった!とても良い感じの便が1日2回くらい出ます。

・昼寝をしなくなった。(眠くならなくなった)

・肉類がクサイ…と感じるようになり、自然に赤いお肉系を食べる量が減った。(鶏肉だったら少量まだ食べれる。ヴィーガン生活になってもいいかも!?)

・自然とおやつを食べる量が減った。

・調味料が見直され、シンプルな味付けが好きになった。

 

たった2週間でもこんなにもわかりやすく身体で体験できて嬉しいです^^

 

ここまで続けたから、この基準をスタンダードで生活していこうと思います。